これが本気の立ちスロだ

いため「立ちスロって知ってます?」

 

ヘスティア「アレだろ、立って気軽にできるスロットのことだろ…」

 

ヘスティア「とかいうと思ったか!」

 

いため「…」

ヘスティア「というのは名目で設置基準の比率をごまかすために実際には椅子とか設備を置かないようなところに無理やり設置して旧基準の設置比率をかなりグレーな形で下げるためのやつだろ!」

 

いため「…正解です」

ヘスティア「そんなことボクだって知ってるぞ!」

 

 

いため「ここで読者さんから立ちスロの酷い例の写真が送られたので公開します」

 

 

いため「まずはこれ!」

 

ヘスティア「階段沿いのメイン通路にまで置くのか」

いため「それだけに留まりません」

 

 

いため「そしてこれ!」

 

 

ヘスティア「トイレが修羅に囲まれている」

 

いため「使える壁スペースは全て北斗修羅で埋め尽くされています…」

 

 

いため「これは完全に…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なでこ「おい!有象無象!返事はどうした有象無象!」

 

なでこ「いいかお前ら、現実を見ろよ!過ぎたことでいつまでもうじうじとして貴重な新基準運用期間を台無しにしやがって。どんだけ無駄なことをしてんのかわかってんのか!?」

 

なでこ「いつか旧基準機も設置期限が来る、新基準機のみしか置けなくなる期間までそんなに時間がない。そんな時に運用の仕方がクソだったら潰れるしかない…だったら塗り替えなきゃダメだろうが!書き換えなきゃダメだろうが!」

 

 

なでこ「ああ確かにお前たちは最低だ!本音と建前を使い分ける偽善者だ!信じた先から裏切るこの世のクズだ!地球上でもっとも下等な商売だ!だけど!だけどどっかに本当もあったはずだろうが!」

 

なでこ「いつからお前達は法をえり好みできるほど偉くなったんだ!?好き嫌いで商売してんじゃねーよ!」

 

なでこ「俺様はお前達なんか大嫌いだ!だけど、パチンカスだぜこんちくしょうが!」

 

二言目

このホールさん、名古屋のホールさんです。

この画像見て、ほんと立ちスロのこれまで見た写真の中でもだいぶ酷いほうだと思いました。

いつまで旧基準AT機に頼る気でしょう。

いつまで設定を使わない誤爆に頼るつもりでしょう。

いつまでこの商売続けていけると思っているでしょう。

私はこう思います。

 

 

潰れろと。

 

正直、6号機鏡も好きじゃないです。5.9も辛いのが多いと思っています。

そんなパチンカスは私だけじゃないと思っています。

でも、そういう既存ユーザーを今後の業界の流れについていかせるようにするのがメーカーとホールの命題だと思うのです。

新規ユーザーを掴めばいいとでも思っているのかもしれませんが、わかっているかとは思いますが、パチンコ業界は新たに人を得ようとするには相当のイメージ改善が図られない限り難しいと思います。

法律の範囲内で魅力があると思わせる機械を作るのがメーカーの仕事、そんな機械を運用してユーザーに理解してもらうのがホールの仕事だと思います。

その過渡期である今を捨てているホールは緩やかに(もはや緩やかではないと思っていますが)自殺してるのと変わらないと思います。

当月の予算だったり売上だったりあるのはわかっています。でも、その売上は守っていく機械は旧基準ではありません。

新基準でもお客を囲えるように運用していくべきだと思います。

 

ホール関係者の皆様へ。最後の二言目。

 

未来を、未来を作れ!